トップ>イベント情報


なごや環境大学共育講座(2024年前期)   水の歴史資料館で学ぶ   名古屋の下水道と大雨・防災

日本で最初に活性汚泥法による下水処理を始めた名古屋の下水道。汚水をきれいにし、健全な水循環の保全と水環境の向上に貢献するだけでなく、安心・安全な生活を確保するために大切な働きも果たしています。座学や実験、防災器具の説明等を通じて、名古屋の下水道と大雨・防災について学びます。
 毎回、講座内容に関連する粗品のプレゼントもあります。


1回 下水道の役割

7月6日(土) 10時から12時まで

〇水は循環している

〇下水処理のしくみを学ぼう

〇下水道に流していけないものって?

 

2回 大雨からまちを守る

8月3日(土) 10時から12時まで

〇地盤の高低と災害

〇ハザードマップで防災を学ぼう

〇名古屋市の大雨対策

 

3回 災害時のトイレ対策(家庭と避難所)

9月7日(土) 10時から12時まで

〇家庭と避難所のトイレ

〇マンホールトイレ

〇家庭でできる災害用トイレの工夫


場  所:水の歴史資料館 学習室
参 加 費: 無料
定  員:各回20名(先着順)
受講対象:小学校4年生以上(小学生は保護者の同伴が必要です。)
申込方法:電話またはメール(参加日、参加者の名前、年齢、住所、電話番号、お住まいの小学校区、
         この講座を知った方法をお知らせください。)
メール:shiryokan@jogesuido.city.nagoya.lg.jp




「マンホールカード」第二弾 配布中!
 路上の訪ね歩きを楽しく演出する、マンホール蓋コレクションカードの第二弾が、平成28年8月1日に発行されました。
 名古屋市上下水道局でも、第二弾として100周年デザインマンホールのカードを発行し、現在、水の歴史資料館で配布しています。

     


 名古屋市の第一弾マンホールカード(アメンボマーク)は、メタウォーター下水道科学館なごや(名古屋市北区名城一丁目3-3)で配布しています。
      

※おひとりさま1枚限り
※マンホールカードの転売はご遠慮ください。