うるおいライフ 趣味:水道

さらば!バイキン生活!

パンをつかった実験の詳細結果をご紹介いたします。この実験は、手洗いの効果を実証するために行いました。

!カビの画像を掲載していますので、閲覧する場合はご注意ください!


○用意したもの:賞味期限切れの市販の食パン(5枚)、保存用の密閉容器、ポリ手袋など
○実験の手順
 1.ポリ手袋などを使用し、すべてのパンをなるべく外気に触れさせないようにすばやく密閉容器に入れ、しっかりと密閉する。
 2.1で準備したパンを密閉容器にいれたまま、それぞれ電子レンジで1分ほどあたため、パンについてしまったバイキンの滅菌処理をおこなう。
 3.ひとつは、結果を比較するためになにもせずに密閉容器に入れたまま放置し、その他のパンは密閉容器の中で、以下の(2)(5)の4通りの方法で洗った後の手でしっかりとパンに触り、すばやく密閉する。
   (1)なにもしない
   (2)水で手洗いをした後の手
   (3)石鹸で手洗いをした後の手
   (4)(3)の手洗い後にスマホを触った手
   (5)(3)の手洗い後にお金を触った手
 4.日光の当たらない場所に放置し、変化を観察する。
○実験環境
 11月中旬~12月中旬
 平均温度21℃、平均湿度48.8%の室内

それぞれのパンの変化を写真で見てみましょう。

(1)なにもしない

★大きな変化はありませんね。



(2)水で手洗いをした後の手

★緑色のカビが発生し、どんどん成長していきました。



(3)石鹸で手洗いをした後の手

★最後までカビの姿は確認できませんでした。



(4)(3)の手洗い後にスマホを触った手

★黄緑色のカビに始まり、黒色のカビ、さらには周囲に白色のカビが確認できました。



(5)(3)の手洗い後にお金を触った手