うるおいライフ 趣味:水道

さらば!バイキン生活!

インフルエンザの予防について

こんにちは、水水(みみ)より会員No.12の「ブラウン」です。

毎年冬が訪れると、寒さとともにインフルエンザの季節がやってきたなぁと憂うつになる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インフルエンザといえば、12月~3月が流行シーズンとなるそうです。
流行まで少し余裕があるかなと予防を後回しにしているそこのあなた!

今年1年インフルエンザにかからないために、いつもより早く予防しませんか?

この記事では、インフルエンザの予防方法のうち、日常の中へ手軽に取り入れられるものをご紹介していきます。

まずは、そもそもインフルエンザとはどのような病気か、またどのように感染するのか確認していきましょう。
 ⇒ インフルエンザの予防方法をすぐにチェックされる方はこちら


インフルエンザについて
 インフルエンザは、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。併せて普通のかぜと同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。小児ではまれに急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している人では肺炎を併発する等、重症になることがあります。

インフルエンザの感染経路
〇飛沫感染せきこむ男性
 咳やくしゃみとともに放出されたウイルスを吸い込むことによって感染します。

〇接触感染
 ウイルスが付着したものに触れた後に、目・鼻・口等に触れることで、粘膜・結膜などを通じて感染します。

このように、インフルエンザはみなさんの日常における様々な場面で感染する可能性がありますので、日々の予防が重要となります。

それでは、インフルエンザの予防方法について、確認していきましょう!

<外出後の手洗い>
 手を洗う女性手指など体についたインフルエンザウイルスを物理的に除去するためには、流水・石鹸を用いた手洗いが有効であるとされています。手洗いはインフルエンザに限らず接触感染や飛沫感染を感染経路とする感染症対策の基本となります。また、インフルエンザウイルスにはアルコール製剤による手指衛生も効果があります。


⇒「正しい手の洗い方」については、こちらのページで紹介しています。ぜひご覧ください!

<適切な湿度の保持>
 空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。


名古屋市の公式ウェブサイトでは上記以外にもインフルエンザに関する情報が掲載されていますので、併せてご覧ください。




以上、インフルエンザの予防方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

もしかすると、既に実施している方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ実施していないという方は、この記事を見た今日からでもぜひ始めてみてください!