Lang.

新型コロナウイルス感染症対策

新型コロナウイルス感染症の怖さに、不安な気持ちで日々を過ごされている方も多いと思います。
私たちにできる予防は、

1.外出を避ける
2.三密(密閉・密集・密接)を避ける
3.マスクの着用と咳エチケットの徹底
4.手洗いの徹底
5.身の回りを清潔に保つ

などが挙げられます。

(新型コロナウイルス感染症対策について詳しくお知りになりたい方は、
厚生労働省HP「新型コロナウイルス感染症について」をご覧ください。)

そこで今回は、正しい「手の洗い方」について、ご紹介いたします。
普段の手洗いと比べてみてください。

 手の洗い方(pdf 312kb)

いかがですか?
ちなみに、水水より会員たちが以前行った手洗い実験※では、「爪の周り」や「手首」に汚れが残りやすいことが分かりました。
※この実験は、蛍光塗料入りのローションを汚れに見立てて手に塗り、手洗いをした後にブラックライトで汚れの残り具合を確認したものです。光っている部分が、洗い残しです。

爪の洗い残し画像

関節のしわの間にも、汚れがところどころ残っているようです。

手洗い実験手首の洗い残し画像

手のひらは意識できていても、手首は全然洗えていなかったことが分かります。特に、手首に時計やアクセサリーを付けていると、無意識に避けて洗ってしまうようですね。
効果のある手洗いをするために、帰宅後は一度手首に着けているものを外してしっかりと洗いましょう。

正しい知識を身に付けて、私たちにできることを実践していきましょう。

関連記事一覧

手洗い実験結果の画像

食中毒・感染症を予防するために正しい手の洗い方についてご紹介。

インフルエンザ予防

12月~3月がおもな流行シーズン。
インフルエンザの予防方法についてご紹介。

手洗い

調理の前に要チェック!
手や指についたウイルスは、手洗いで洗い流しましょう。